トップページ >> 東紀州紹介


 世界遺産 熊野古道
紀伊半島南部にあたる熊野の地と伊勢や大阪・和歌山、高野及び吉野とを結ぶ古い街道の総称です

熊野古道には伊勢と熊野速玉大社を結ぶ伊勢路、その伊勢路の花の窟から分かれて熊野本宮大社に向かう本宮道のほか、大阪から和歌山を経て熊野に至る紀伊路は田辺で 熊野本宮に向かう中辺路と、そのまま紀伊半島を海岸線沿いに那智へ向かう大辺路、高野山から熊野本宮へ向かう小辺路、吉野から熊野本宮へ向かう奥駈道とも呼ばれる大峯道などのいくつかのルートがあります


 熊野大花火大会
七里御浜海岸で毎年8月17日に行われる花火大会です。
熊野の花火は三尺玉海上自爆に代表される音と迫力
熊野花火は約300年の歴史を持つといわれ、約10000発の花火が夜空を彩ります
海上が太平洋に浮かぶ台船の上ということからも、七里御浜海岸が非常に長いということも、 大規模な花火を打ち上げるのに絶好の条件が揃っている花火大会です
花火大会会場としてはおそらく全国屈指の規模ではないでしょうか


 七里御浜
熊野灘に面して鬼ヶ城から熊野川河口までゆるやかな弧を描き、20数km(約7里)、4市町村にわたって続く、小石と砂からなる平坦な美しい海浜です
日本の渚百選のうちの一つです
また、熊野古道伊勢路の一部にもなっています


 丸山千枚田
日本の棚田百選の一つ
全国的にも有名な棚田で、現在でも地元の人たちによって米作りが行われ保存されています
千枚田自体は車で回ることもでき、四季を通じて様々な表情を見せる美しい所です
すぐ近くにはオートキャンプ場も整備されています


 獅子岩
三重県熊野市井戸町、国道42号七里御浜沿いにある獅子の形をした岩です
世界遺産、国指定の天然記念物で熊野の鬼ヶ城と統合された『熊野の鬼ヶ城附獅子巌』で世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』の一部として登録されました


 鬼ヶ城
熊野市木本にある海岸景勝地
熊野灘リアス式海岸最南端にあり、凝灰岩の岩壁が波食を受けたのち隆起したため、大小数十個の洞窟が連続する奇観となっています
その昔、鬼の住みかであったとも言われています

Copyright(C) Higashi-kisyu Network All rights reserved